4月20日

政務活動費を使用して、市町村議会議員研修に参加してきました。

今回の研修テーマは「住民とのコミュニケーション」講師は京都造形芸術大学副学長 本間 正人 氏

市民のニーズが多様化する中、議員には、住民の声を聞き、住民の代表としてそれらをより的確に施策に反映させることや、施策等を住民に分かりやすく伝えること等、十分なコミュニケーション能力が求められます。今回の研修で、講義や演習を通して、対話や発信力等を中心にコミュニケーション能力のさらなる向上を目指ざす目的でセミナーに参加しました。

コミュニケーションの基本を改めて確認出来た。ふだん市民とJIAM接する時、相手の立場になって「傾聴」に心がけ、「コーチング」手法により、相手から課題を導き出させる。過去にもコーチングは受講したが今回はロールプレイで実践の中から体得できた。今後の議員活動において有意義なセミナー受講となりました。