3月22日

湖西市議会3月定例会が閉会しました。議会閉会

今回の議会では来年度(平成31年)予算を含む39議案の審議を行いました。

平成31年度一般会計では今年度と比較して7.7億円増加の212.7億円を計上し、浜名湖西岸土地区画整理事業、大倉戸茶屋松線整備事業など、将来の湖西市に対する投資的経費を増額します。

湖西市と旧新居町との合併による特例債も無くなるなど厳しい財政状況の中で、必要なものには投資を行い、あまり有効でない事業や社会ニーズに合わない事業は店じまいをするなど、メリハリが必要です。インフラの整備も必要ですが、人財育成などソフト面に対する投資も必要です。とりわけ将来の湖西市を担う子ども達の教育に対する投資は遅れていると感じています。教育はブランドとなります。「住みたいまち」を考えた時、子育て環境、中でも「教育」は重要なファクターになると考えます。

湖西市議会議員として2期8年、今期最後の議会が閉会しました。今期の活動を振返り、次期のActionにつながる政策を思案中です。